スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺品整理士 区切り手助け@朝日新聞20131124

遺品整理士という認定制度があるそうです。
たぶんどんどん必要になってくるのではないかと思います。
ここでの事例は、ご両親3LDKの家の整理だったけど、
2tトラック4台分が運び出されたと。
ものすごい量だと思いました。
私もその時のためにいろいろ整理しないとと、部屋にあふれるものを見ながら思うのでした。

遺品整理士 区切り手助け@朝日デジタル
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20131125150150001.html
以下記事
■故人の物を丁寧に「仕分け遺族やっと前へ」
 高齢者の単身世帯が増える中、亡くなった人の持ち物を整理する遺品整理業の需要が高まっている。作業にあたっての心得や知識を身につけた「遺品整理士」の認定制度ができた一昨年来、県内でも100人以上が資格を取得し、活動を続ける。その現場を訪ねた。

 横浜市青葉区のマンションの一室に1日、遺品整理士の本田啓夫(たかお)さん(25)ら作業員8人がやって来た。依頼主は、近くに住む西原美智子さん(57)。部屋で一人暮らしをしていた君塚久明さんのひとり娘だ。
 久明さんは昨年6月、91歳で亡くなった。「突然でした」。美智子さんが、少し体調が悪いと聞いて訪れた日の朝、一緒に病院へ行こうとして玄関先で倒れ、帰らぬ人に。腸閉塞(へい・そく)との診断だった。
■父の姿浮かんで…
 それから1年余。「片付けよう」と何度か部屋に入ったが、遺品を手にすると、倒れる直前まで元気だった父の姿が浮かんでくる。「寂しくなり、やっぱり帰ろう、となってしまって」。2人の娘らに協力を仰いでも、進まなかった。
 母の舜(きよ)さんは3年前に他界した。「そろそろきれいにしないと」と、美智子さんが業者探しを始めたのは父の一周忌がすぎた頃。「頼むなら、両親が残したものを、ゴミではなく遺品として丁寧に扱ってくれる業者に」と、インターネットで調べて見つけたのが、本田さんらの業者だった。
 8人が各スペースに分かれ、残すもの、捨てるもの、再利用できるものに仕分けていく。布、紙、木、金属などの種類ごとに別の箱へ。仏壇や、魂が宿るとされる人形などは依頼者の希望に応じて供養する。
 居間で見守る美智子さんの元へ、ひっきりなしに作業員がやって来る。「これはどうしましょう」。生前には見たことのなかった品が、タンスや押し入れの奥などから次々出てきた。
 写真を収めた箱は数知れず、古い紙幣や小銭入りの貯金箱、自衛官だった父が手にした賞状や盾……。金品のほか手紙、写真など、処分したら二度と手に入らないものは必ず依頼者の判断を仰ぐのがルールだ。
 午前11時に始まった作業は6時間余で終了。3LDKの部屋から、2トントラック4台分が運び出された。「踏ん切りがつき、やっと次へ進めます」と美智子さん。両親が結婚前に交わした恋文もみつかった。「お互いにとっていたんですね。私が実家に置いてきたものもほとんど残してくれていて、改めて感謝の思いが沸いてきました」
■孤独死の場も経験
 本田さんは「遺品整理プログレス」(本社・京都市)の関東地区の営業主任。6年勤めた引っ越し会社で首位の営業成績を挙げたのを機に新しい分野での挑戦を決意。昨年7月に遺品整理士の資格をとった。
 「頼まれる方にいかに満足してもらえるかが大切。速さや効率が最優先だった引っ越しとは違います」と本田さん。作業後、「心の整理もつき、ほっとした」と泣きながら頭を下げる遺族も少なくないという。
 一方で、増え続ける「孤独死」の現実に直面することも。横浜市内のマンションの管理者から先月、「助けてほしい」との連絡を受けた。一人暮らしの高齢者が亡くなっているのが見つかり、悪臭が漏れて近隣の生活にも支障が出ていた。
 故人は親族とも疎遠だった。「エンディングノートに遺品の所在や処分の希望を書き込むなど、備えを呼びかけていくことも大事だと実感しました」。実際、「生前整理」の相談や依頼も増えているそうだ。
 費用の目安はワンルームで4万円前後。3LDKだと18万円前後からで、家財の量や内容により決まる。特殊清掃(汚染物の除去、消臭・消毒など)が必要な場合は、別料金。料金体系は業者によって異なる。
■トラブル後を絶たず
 遺品整理士は、2011年9月に設立された遺品整理士認定協会(北海道千歳市)が認定する民間資格だ。約2カ月の通信講座で遺品に接する際の心構えや廃棄物処理などの法律を学び、試験を経て合格となる。これまでに計6563人が受講し、3132人が資格をとった。うち県内は119人(22日現在)。
 ただ、需要の高まりには追いつかず、専門知識や資格を持たずに活動している業者も多い。「経費を減らすために不法投棄する、法外な高額を請求するなどのトラブルが各地で後を絶ちません」と同協会の沖西祐希・事務局次長(31)。通帳や印鑑を盗み、現金を引き出した容疑で業者が逮捕されるなどの事件も。「依頼者に信頼され、感謝される専門家を一人でも多く育てたい」と沖西さん。同協会(0123・42・0528)では相談に無料で応じ、業者の紹介も行っている。
(杉山圭子)
スポンサーサイト

theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

一度は乗ってみたい「働く車」@beランキング朝日新聞20130824

1位戦車
2位パトカー
3位覆面パトカー
4位ブルドーザー
5位ショベルカー
6位装甲車
7位消防車
8位クレーン車
9位除雪車
10位トラクター

戦車なんだ~
働く車なんだ~
働くっていうか戦う車って思うのは私だけ?

「乗りたくない車」の上位は(1)戦車(2)救急車(3)装甲車(4)パトカー(5)動物運搬車(6)タクシー(7)覆面パトカー(8)消防車(9)ミニパトカー(10)高速バス
でって。
両方1位の戦車って…確かに仕事として戦車は乗りたくないな~

(beランキング)一度は乗ってみたい「働く車」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201308200280.html?ref=comkiji_redirect

国立国会図書館デジタル化資料アクセス数ランキング

2013年7/2の朝日新聞に発禁本「エロエロ草紙」は危険な香りという記事がありました。
気になって、国立国会図書館デジタル化資料を見てみたら、
アクセスランキングが載っていて、
石巻日日新聞(号外). 平成23年3月12日ありました。
こんなところで読めるなんて。

2位の高野孟矩は誰それ?な私です(^_^;)

国立国会図書館デジタル化資料
http://dl.ndl.go.jp/

アクセス数ランキング
1位エロエロ草紙
2位高野孟矩
3位母性の保護
4位最近朝鮮事情
5位地球全圖. [1]
6位石巻日日新聞(号外). 平成23年3月12日
7位判例時報
8位大日本帝国朝鮮写真帖 : 日韓併合紀念
9位古事記. 上
10位近世日本国民史. 〔第72冊〕

にしても数ヶ月ぶりの更新(^_^;)

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

名門の授業を無料配信 米大学発、広がる学び・人材発掘@朝日新聞20130306

ネットさえつながる環境にあれば、誰でも勉強できるようになったのかしら。
お金がなくて、勉強できない人には嬉しいことですね。

名門の授業を無料配信@朝日デジタル20130306
http://digital.asahi.com/articles/OSK201303050182.html?ref=pcviewpage
以下記事
米国で一流大が授業を次々とオンラインで無料発信。意欲と能力さえあれば、生まれた環境に関係なく人材として見いだされる時代が始まった。▼教育面=学びの革命
 「彼は天才だよ。15歳なのに私の授業で満点を取ったのだからね」。米マサチューセッツ工科大(MIT)とハーバード大が共同で昨春設立したオンライン教育機関「エデックス」のアナント・アガルワル学長は興奮していた。
 エデックスは両大学などの24授業をインターネットで無料配信。世界のどこにいても、ネットにつながればタダで世界最高の教育が受けられる仕組みだ。
 アガルワル学長の授業「電子回路」は15万人が受講。繰り返し出る課題を提出し4カ月間の授業を最後まで受講したのは7千人。最終スコアで満点を取ったのは全受講生の0・2%、340人。ここにモンゴルの15歳が含まれていた。「優秀な成績を修めた生徒には、我々の大学を受験するよう働きかける。秀才を発見し、受験を勧められるのだから大学には大きな利益だ」
 少年はウランバートルの高校生。MITを受験し、まもなく結果発表だ。
 世界に先駆けて授業の無料公開に踏み切ったMIT。当初は講義資料や動画を一方通行で公開していたが、2012年、宿題や試験など受講生と双方向で授業を進める仕組みが誕生、事態は動いた。世界中の受講生の成績を回収できるようになり、研究開発にしのぎを削る大学にとって貴重な資源である人材獲得の有力手段となることがわかった。米国を中心に世界の大学が参入、1年間で受講生は450万人を突破。日本の全大学生の2倍に迫る。
 日本では23大学が3千科目の教材をオンラインで公開するが、一方通行がほとんどで、動画もなかなか増えない。276科目を公開する京都大は臓器移植の動画が人気で、国内で先頭集団を走る。それでも公開率は数%。公開すれば間違いを指摘されたり、他大学の授業と比べられたりする。これを授業改善の機会ととらえる文化が根づかない。
 飯吉透教授(高等教育システム学)は「オンライン講座で世界の名門大の教授が出した修了証を集めれば、高い授業料を払って大学に行かなくても就職できる時代が来るだろう」と予見する。「教員の研究業績を重視し、教育力は二の次としてきた日本の大学には激震だ」

エディックス公式サイト
https://www.edx.org/

theme : 勉強
genre : 学問・文化・芸術

「尾木ママ」は教育変える回路@朝日新聞2011年9月10日

コミュニケーションが苦手です。
つい昨日も、友人を傷つけてしまいました。

朝ドラの純と愛の純ちゃんのように、
相手に良かれと思っていっていても、全く伝わらない。

ドラマの純ちゃんが好きになれないのは、同族嫌悪な気がします。

一昨年の朝日新聞の記事(苦笑)
ここで尾木ママは語っています。

いくら論理的に説得しても相手に伝わらないのに、
一言で相手の心にストーンと落ちている。
脳がリラックスしているとき、
波長があう形で柔らかく言われると肝心な部分が伝わるんだとわかった。

そういうことなのかなあと。
かわいい、やわらかな格好や文章、言葉で伝えるのが秘訣?
かしらと。
がんばってみよう。

以下記事

「尾木ママ」は教育変える回路

 8月24日に神奈川県伊勢原市で開かれ た同市主催のシンポジウム。
 講演に立った教育評論家の尾木直樹(64)は約1200人の聴衆に対し、
最近必ず尋ねる質問をしてみた。
自分のことを前から知っていた人はどのくらいいる?
会場で、挙手を求めるのだ。
 「自分のこと」とは、いじめ、虐待、
学力など教育問題を中心にメディアで発言する言論人、
2006年の教育基本法改正では、
衆院特別委員会で反対の参考教育評論家尾木 直樹
 国意見を述べたリベラルな教育評論家としての自分のこと、
つまり「尾本ママ」になる前の尾本直樹のことである。

 1200人で40人弱。「1000人の聴衆がいたら50人、5%程度。
テレビにも出てたのに、これほど知られていなかったんですよ。
みんな尾本ママからなの。尾本ママだつ1て見に来るんです」

 会場の大半には、「00年代以降、自民党政権が進めた教育政策に反対し、
精力的に戦い続けてきた論客」の認識はなく、「なのよ1」 「も1ん」といった柔
らかなおネエ言葉のトークが楽しい「尾本ママ」その人でしかなかった。

 還暦を超えてからの予想もしなかった人生の異変を尾本は歓迎し、
「いまは生き直しているような気分」と喜ぶ。
 突然のブレークは、09年末に放映されたフジテレビ系の持番からだった。
 バラエティー番組初体験。司会の明石家さんまとかわした
関西人同士のじゃれ合うような会話の中で、さんまが尾本の話し方を「ママみたい」と評し、
尾本は 「違うもーん」などと返した。
CM中だと思ったその会話がすべて番組で流れ、 
「もーん」の字幕に、ピンクのハートマークがついていた。尾木は仰天した。

 尾本を知る人間に言わせれば、昔からの言葉遣いで、素のままの姿たった。
だが、バラエティーの巧みな演出で、ユニークな「尾本ママ」が誕生した。
各局から次々と出演依頼が舞い込んだ。
 ときには派手な衣装をまとい、芸能人とおネエ言葉でからみあう。
 知人からは、「ピンクの服を着る必要があるのか」
 「そこまですべきじゃない」といった批判も届いた。
だが、尾本は次第に、今までの評論家活動では決して手が届かなかった層に、
言葉が届いているという実感を持ち始めた。

2冊分か1分で伝わる
  「例えば『子供にそんな叱り方しちや絶対だめよー』つていうと、
ブログに 『わかりました』 『そうします』って、たくさん反応が来る。
講演に行くと、若いお母さんたちが、
その発言に納得したという顔をしているんですね」

 本を何冊書いても伝わらないのに、10秒20秒の一言で簡単にわかるはずがない。
当初、そう疑っていた。
子供への体罰をどんなに批判しても、「しつけの一環」と考える親には伝わらない。
だが、全国各地を回るうちに得心した。

「ウソじゃない、伝わっていた。いくら論理的に説得しても相手に伝わらないのに、
一言で相手の心にストーンと落ちている。

脳がリラックスしているとき、
波長があう形で柔らかく言われると肝心な部分が伝わるんだとわかった。
岩波新書で2冊書いたことが、バラエティーで1分で伝わることもある」

 教員時代から親交がある北海道教育大釧路校の教授、今泉博(62)は、
新刊の 『尾木ママの「叱らない」子育て論』を読んでみた。「
1時間で読めるが、本質がおさえられている。
教育や子育てには指示や命令ではなく、『聞く』ことがどれだけ大事か。
難しいことを敬遠しがちな普通の若いお母さん、お父さんたちに、
子供の目線に立つという尾本さんの考えが浸透すれば、
深部から教育の流れが変わってくるのではないか」

 8月24日、伊勢原市の講演後、尾本は日本テレビ系列の番組収録に向かった。
ここでは、派手なGシャンや、濃いピンク地のヒョウ柄のひざ下パンツ姿になった。
尾本ママが日々の報告をするブログは最高一的万アクセスを記録し、
「かわいいー」 「イヤされる」の二言が並ぶ。

 札幌市で30日、いじめが原因と見られる中学2年生の飛び降り自殺があった。
尾本は31日に書いた。
〈心傷つける場所には 子ども行かせてはダメ
 安心できない学校は形だけ学校で 命奪いかねない危険地帯、
学校の資格ありません。逃げるが勝ち〉。
「尾本ママの言うとおり」 「尾本ママみたいな先生がいい」
といった共感のコメントが続々と届いた。
=敬称略        (中島鉄郎)

 おぎ・なおき 1947年滋賀県
生まれ。早稲田大学卒業。私立高、
公立中学校での22年間の教員経験
後、臨床教育研究所「虹」を開設。
著書は180冊を超えた。法政大学
キャリアデザイン学部教授。

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

プロフィール

風吉倫花(ふうきちりんか)

Author:風吉倫花(ふうきちりんか)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。