スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞展@日本橋三越(5/10終了巡回あり)

年齢層、めちゃ高かったです。
いろいろ勉強になりました。
阿弥陀如来立像が展示されてましたが、
その下にお賽銭が…
綺麗に並んでいる千円札は見せ金?とうがった見方をしちゃいましたが、
そんな中、数人の方々がお賽銭を置いて、手を合わせていました。

年代別に親鸞にまつわるエピソードや品々が出てくるのですが
一番印象的だったのが、承元の法難でした。
この後「愚禿釋親鸞」と名乗って過ごすそうなんですが、
この辺を指して展示ではアウトローと書き記してました。
思わず「アウトロー…」とつぶやいてしまうほどに、
その通りなんだけど、そぐわない言葉。
無頼漢でいいんじゃねとか思うのでした。(ハハハ…)

来年1月まで巡回します。

6月16日まで『親鸞』五木寛之〈上巻〉無料公開|講談社
読まなければ何もわからない──

以下キーワード的にチェックしていた言葉と意味
 
承元の法難
建永元年(1206年)、後鳥羽上皇が熊野神社参詣の留守中に、
上皇が寵愛する「松虫」と「鈴虫」という側近の女性が、
御所から抜け出して「鹿ケ谷草庵」にて行われていた念仏法会に参加する。
安楽房遵西と住蓮房の『六時礼讃』の美声が、
世を憂いていた松虫と鈴虫を魅了し出家を懇願する。
安楽房と住蓮房は、上皇の許可が無いため躊躇するものの、
二人の直向さを受け、剃髪を行う。

建永2年[2](1207年)2月、松虫と鈴虫が出家し尼僧となった事を知った後鳥羽上皇は憤怒し、
専修念仏の停止を決定。
住蓮房・安楽房に死罪を言い渡し、住蓮房は六條河原において、
安楽房は近江国馬渕にて処される。
その他に、西意善綽房・性願房の2名も死罪に処される。

同月28日、怒りの治まらない上皇は、
法然ならびに親鸞を含む7名の弟子を流罪に処した。
法然は、土佐国番田(現、高知県)へ、親鸞は越後国国府(現、新潟県)へ配流される。 この時、法然・親鸞は僧籍を剥奪される。
法然は「藤井元彦」の俗名を与えられ、
親鸞は「藤井善信」(ふじいよしざね)を与えられる。
親鸞は「善信」の名を俗名に使われた事もあり、
しかればすでに僧にあらず俗にあらず。このゆえに《禿》の字をもって姓とす
「愚禿釋親鸞」(ぐとくしゃくしんらん) と名告リ、
非僧非俗(ひそうひぞく)の生活を開始する。

浄土真宗
浄土真宗が仏教宗派に対する真宗の最大の違いは、
僧侶に肉食妻帯が許される、無戒であるという点にある
(明治まで、妻帯の許される仏教宗派は真宗のみであった)。
そもそもは、
「一般の僧侶という概念(世間との縁を断って出家し修行する人々)や、
世間内で生活する仏教徒(在家)としての規範からはみ出さざるを得ない人々を
救済するのが本願念仏である」
と、師法然から継承した親鸞が、
それを実践し僧として初めて公式に妻帯し子をもうけたことに由来する。
そのため、真宗には血縁関係による法脈と、
師弟関係による法脈の2つの系譜が存在する。
与えられる名前も戒名ではなく、法名と言う。(wiki浄土真宗より)

六角夢告
建仁元年(1201年)の春頃、親鸞29歳の時に叡山と決別して下山し、
後世の祈念の為に聖徳太子の建立とされる六角堂(京都市中京区)へ
百日参籠を行う。
そして95日目(同年4月5日)の暁の夢中に、
聖徳太子が示現され(救世菩薩の化身が現れ)、
「行者宿報設女犯 我成玉女身被犯 一生之間能荘厳 臨終引導生極楽」
意訳 - 「修行者が前世の因縁によって女性と一緒になるならば、私が女性となりましょう。そして清らかな生涯を全うし、命が終わるときは導いて極楽に生まれさせよう。」
という偈句(「「女犯偈」」)に続けて、
「此は是我が誓願なり 善信この誓願の旨趣を宣説して一切群生にきかしむべし」
の告を得る。
この夢告に従い、夜明けとともに東山吉水(京都市東山区円山町)の法然の草庵を訪ねる。(この時、法然は69歳。)
そして岡崎の地(左京区岡崎天王町)に草庵を結び、
百日にわたり法然の元へ通い聴聞する。
(wiki親鸞より)

親鸞は自己を愚禿と號した。
「すでに僧にあらず俗にあらず、このゆへに禿の字をもて姓となす」

南無阿弥陀仏
阿弥陀仏に帰依するの意。浄土宗などでは、それを唱えることによって阿弥陀仏の浄土に救済されるとする。弥陀の名号。六字の名号。なむあみだ。(大辞林より)

名号本尊
浄土真宗の本尊の形態の1つ。それには、「六字名号」・「九字名号」・「十字名号」などがある。(wiki名号本尊より)

称名念仏
仏の名号、特に浄土教においては「南無阿弥陀仏」の名号を口に出して称える念仏(口称念仏)をいう。「称名」とは、仏・菩薩の名を称えること。また諸仏が阿弥陀仏を称讃することもさす。宗旨により、「称名念仏」を行[1]として捉える場合と、非行として捉える場合がある。(wiki称号念仏より)

和讚
仏教の教義や仏・菩薩(ぼさつ)あるいは高僧の徳などを、梵讚・漢讚にならって、
和語でたたえるもの。
七五調の4句またはそれ以上を一節とし、
曲調をつけて詠じる歌。平安中期から流行した。(デジタル大辞泉より)

他力本願
1 《他力(阿弥陀仏)の本願の意》仏語。自らの修行の功徳によって悟りを得るのでなく、阿弥陀仏の本願によって救済されること。浄土教の言葉。
2 《誤用が定着したものか》俗に、自分の努力でするのではなく、他人がしてくれることに期待をかけること。人まかせ。(大辞林より)

悪人正機
浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、
「悪人こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の主正の根機である」
という意味である。
阿弥陀仏が救済したい対象は、
衆生である。すべての衆生は、末法濁世を生きる煩悩具足の凡夫たる「悪人」である。
よって「悪人」であると目覚させられた者こそ、
阿弥陀仏の救済の対象であることを知りえるという意である。

箱根権現
箱根山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、
文殊菩薩・弥勒菩薩・観世音菩薩を本地仏とする。(wiki箱根権現より)

アウトロー
法律を無視する人。無法者。無頼漢。(大辞林より)

蓮如
室町時代の浄土真宗の僧。本願寺第八世。本願寺中興の祖。
同宗旨では、「蓮如上人」と尊称される。
明治15年(1882年)に、明治天皇より「慧燈大師」の諡号を追贈されている。
しばしば本願寺蓮如と呼ばれる。

南無不可思議光仏
、「帰命尽十方無碍光如来」(十字名号)について釈され、
難思光・無称光の後、両者が合されたものとして
「南無不可思議光仏」(八字名号)について釈されている
wiki弥陀如来名号徳に一文が
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%BC%A5%E9%99%80%E5%A6%82%E6%9D%A5%E5%90%8D%E5%8F%B7%E5%BE%B3

浄土宗では法然800年大遠忌
仏教影絵話「法然さま」
何と24話あります。しかもアニメみたいです1話2から5分位?
http://test.jodo.or.jp/onki800/honen_story_mov/index.html
動画が入れない方はこちらで何となくわかります
登場人物
http://test.jodo.or.jp/onki800/honen_story_mov/about_cast.html
あらすじ
http://test.jodo.or.jp/onki800/honen_story_mov/cast.html

『親鸞』五木寛之〈上巻〉無料公開|講談社
読まなければ何もわからない──
『親鸞』五木寛之〈上巻〉期間限定無料公開(6月16日まで)
http://shin-ran.jp/

三木清全集 第18卷
http://members.jcom.home.ne.jp/w3c/MIKI/Shinran1.html

wiki親鸞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E9%B8%9E
wiki浄土真宗
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E7%9C%9F%E5%AE%97

中国新聞
「親鸞750回忌」前に法要
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201005090036.html

来年750回忌大遠忌法要だそうです。

ブログで詳しく紹介してくださっている方々

猫アリーナ
http://nekoarena.blog31.fc2.com/blog-entry-604.html

弐代目・青い日記帳 
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2122

親鸞展公式サイト
http://www.shinranten.jp/

巡回予定
5/14~6/6 秋田・アルヴェ
6/10~7/5 青森・さくら野百貨店青森店
7/8~8/1 岩手・盛岡市民文化ホール
8/4~8/29 山形・山形美術館
9/3~9/26 福島・福島県文化センター
9/29~10/5 茨城・京成デパート
10/14~10/25 新潟・新潟三越
10/29~11/29 福井・福井市立郷土歴史博物館
12/3~12/25 静岡・グランシップ
12/28~1/10 名古屋・高島屋
スポンサーサイト

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『親鸞』五木寛之〈上巻〉無料公開

『親鸞』五木寛之〈上巻〉無料公開 | 知ったかちゃん! The entry '『親鸞』五木寛之〈上巻〉無料公開' was posted on 5月 13th, 2010 at 12:34 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and ...

comment

Secret

プロフィール

風吉倫花(ふうきちりんか)

Author:風吉倫花(ふうきちりんか)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。