スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童虐待をもっと良い方向で通報?するって出来ないのかな

朝日新聞に下記の記事があった。
虐待の通報が隣人からあり、警官が訪れたりしていたらしい。

「救いの手あと少しで」と書いてあったが、
止めの一押しだったような気がしなくもない。

もしも通報しなければ、泣く子供を叱りはしても、それだけですんでいたのではないだろうか。
もしもはありえないのかもしれないけど。

児童虐待してしまう親にさらなるストレスを与えても何も解決しないような気がする。
子どもだけでなく親にも優しい愛の手を差し出していたら、
結果的に子どもにも反映されるのではないだろうか。

警察も犯人扱いしないで被害者ってか相談相手のように接しくれたら
もっと違う結果になったのではないだろうか?
警察も忙しいからそういう余裕もないのかもしれないけれど。

あくまでも想像なんだけど。


2歳死亡、救いの手あと少しで… 母に傷害致死容疑@asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0114/TKY201101140523.html
宇都宮市のアパートで昨年9月、当時2歳の長女が押し入れで不審死する事件があり、母親(22)が虐待を加え、死亡させた疑いが強まったとして、栃木県警が傷害致死の疑いで、近く書類送検する方針を固めたことが、同県警への取材でわかった。県警や児童相談所が虐待の疑いを察知し、本格的な対応を検討し始めた矢先の事件だった。

 県警によると、母親は当初「なぜ長女が押し入れにいたのかわからない」などと話していたが、その後の調べには「泣き声がうるさかった。泣き声を聞いた近所の人に通報されるのが嫌だった」「申し訳ないことをした」という趣旨の供述をし、容疑を認めているという。

 母親は昨年9月12日夕方、自宅アパートで、押し入れの上段部分(高さ約75センチ)に長女を頭から押し込み、布団でくるむなどの暴行を加え、死亡させた疑いが持たれている。その後、長女の異変に気付き119番通報したが、救急隊が到着した時には死後硬直が始まっていたという。押し入れの上段は2歳児が自力であがれる高さではなく、引き戸は閉まっていた。長女は両親と次女の4人暮らしだった。

 8月下旬ごろから、日中や深夜にこの部屋で女児が泣き叫ぶ声を住民がたびたび聞いており、警察や児童相談所にも通報が寄せられていた。

 「近くにいたのに、あの子を死なせてしまった……」。隣の一軒家に住む60代の主婦は、今でも隣家の長女を救えなかったことを悔やむ。

 主婦によると一家は昨春、アパートに引っ越してきた。母親とも会えばあいさつをかわす関係だったという。当初は「今時の若い奥さんだな」という印象だった。7月初旬、赤ちゃんを腕に抱いた母親から次女を出産したことを聞く。「『首がやっとすわったの』って言いながら、赤ちゃんをすごくかわいがっていた」と振り返る。

一方で8月下旬ごろから、アパートから甲高い声で「ギャー」という女の子の泣き叫ぶ声が聞こえるようになった。深夜でも長女がアパートの外に立たされていたのを見たこともあったという。

 事件の約2週間前には、長女の泣き叫ぶ声に加え、時々壁に物があたるような鈍い音も響いてきた。主婦は虐待を疑い、児童相談所と警察に通報した。

 「今こんな状態です……」。携帯の通話口を外に向けて警察に隣家の状況を知らせた。警察官が訪れ、長女の身体検査も行った。警察官は主婦に「体に暴行を受けた形跡は見あたりませんでしたが、児童相談所にも連絡しておきます」と話した。

 9月に入り、県中央児童相談所が相談員を長女の家に送った。同相談所によると、暴力や育児放棄など虐待の跡はみられず、激しいしっせきは「子育ての不安からくるもの」とみていた。ただ、虐待に発展する恐れがあるとして、子育て支援などを行う関係機関と連携し、対応策を検討していたという。「関係機関と調整している最中にこんなことになって……」と相談所の所長は肩を落とした。

 日本社会事業大学専門職大学院・宮島清准教授(児童家庭福祉)は「事件が起きると、行政や警察に対し、『なぜもっと早く対処できなかったのか』『もっと強く踏み込めなかったのか』と批判が集中しがちだ。だが、虐待防止に大切なのは、周囲の人が親子の間で起きていることに着目し、『言葉をかける』『じっくり話を聞く』など、その人にできるフォローをすることだ。虐待の疑いを見つけた場合はこのチャンスだと受け止め、市民も警察も行政も、この点で積極的にかかわることが大切だ」と話している。(佐藤英彬、阿部峻介)
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

Secret

プロフィール

風吉倫花(ふうきちりんか)

Author:風吉倫花(ふうきちりんか)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。