スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由研究が絶滅危惧種救う 都内でフジマリモ育て半世紀@朝日新聞2011823

自由研究は、面倒くさいと思っている子供たちは沢山いると思います。

というか私はそんな子供でした(^_^;)

その方は、50年前の中学三年時の自由研究で観察したフジマリモ。
そのマリモをずっと大切に育て続けていたわけです。
それが、いつの間にか絶滅危惧種に指定されてました。

そのマリモを50年間大切に育ててきて、種の保存につながっているわけだけど、
ご本人は、危惧種に指定されてるのを知らなかったそうです。
育てていたフジマリモは、国立科学博物館植物研究部に寄贈されました。

楽しんでやれば何らかの成果がある。
観察記録なんてなんの変哲もない代物のように思えても、
こうやって脚光を浴びることもある。
とーっても稀なことだと思うけど。

何より、自由研究で観察していたマリモを50年間育て続けるのが
またすごい気がします。
「継続は力なり」と言うのはまさにこのことではないでしょうか。

記事の終わりは
「自由研究でも科学的に大きな役割を果たす可能性がある。
自然への興味を大切にしてほしい」
と締めくくられています。
たそうです。

子供たちには自然だけでなくいろんなことに興味を持って生きてもらいたいです。

自由研究が絶滅危惧種救う 都内でフジマリモ育て半世紀@asahi.com
http://www.asahi.com/science/update/0823/TKY201108230272.html

以下記事
 富士五湖の山中湖(山梨県)などに生育し、絶滅危惧種に指定されているマリモの一種「フジマリモ」が、東京都内の会社員宅の庭先で「発見」された。50年以上前の夏に採取してから育て続け、水槽の底を埋め尽くすほど増えた。夏休みの自由研究が絶滅危惧種の保存につながり、研究者も驚いている。

 フジマリモを育て続けているのは、都内在住の亀田良成さん(63)。小学生のころ毎夏のように山中湖を訪れていた。小学3年だった1956年、湖畔に打ち上げられている緑色の藻を採取。持ち帰って水槽で育て、58年に夏休みの自由研究で「山中湖の研究」として観察記録をまとめた。直径2~3センチの数個のマリモが浮き沈みする様子や、砂粒を巻き込んで丸くなる様子を詳しく記録した。

 その後、50年以上、家族で育ててきた。庭先の木陰に水槽を置き、水の補給はほぼ雨水だが、日当たりや水の管理に気を配ってきた。今では三つの水槽の底にいっぱいになった。

 フジマリモは56年に山中湖で確認、58年に県の天然記念物となり採取できなくなった。観光開発などで生育環境が悪化し、絶滅したと考えられてきた。2007年に湖底の石に付着している藻が再発見されたが、球形のものは見つかっていない。西湖でも確認されているがわずかで、絶滅危惧種に指定されている。

 亀田さんは、最近までフジマリモが絶滅の危機にあるとは知らなかった。今春、登山仲間の植物学者に話したところ大変驚かれた。国立科学博物館植物研究部(茨城県つくば市)の辻彰洋研究主幹が形態観察と遺伝子解析でフジマリモと確認した。

 亀田さんは「こんな貴重なものになっているとは思わなかった。さらに注意深く育てたい」と話す。

 絶滅を避けるため、亀田さんはフジマリモの一部を同博物館に寄贈。分散して育てることになった。

 辻さんは「最初は信じられなかった。これほどきれいな球体のフジマリモは山中湖ではもう見られない。育て方を確立して、将来は山中湖に戻したい。自由研究でも科学的に大きな役割を果たす可能性がある。自然への興味を大切にしてほしい」と話している。(中村浩彦)
スポンサーサイト

theme : 科学・医療・心理
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

風吉倫花(ふうきちりんか)

Author:風吉倫花(ふうきちりんか)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。